輝楽塾~きらきら 楽しく 自分育て kirakujyuk.exblog.jp

情報発信


by kiraku-jyuku
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

坐禅コーチング 報告書

3月3日 ひなまつり
坐禅コーチングに参加してくださった皆様
坐禅コーチング会場の「ゆずの木」の皆様
講師の武藤義弘コーチ、とちぎTVの皆様
本当にありがとうございました。

e0227957_03828100.jpg


坐禅の前に、気持ちを落ち着かせる行の一つ「茶礼」を行いました。
参列者全員でお茶とお菓子をいただくことで、その場の和を創ってまいります。
このとき、勝手に飲食せず直日(指導者)に倣って全員で同じ動作をします。
典座は湯飲み茶碗を回収するのですが、このときの茶碗を戻す所作にも
学びの深さを感じるのが「茶礼」という行。
※ 直日(じきじつ) 坐禅の指導者  武藤義弘氏  
※ 典座(てんぞ) お接待役      柏木聖子(輝楽塾)

坐禅の手順
「調身・・・姿勢を正す、背筋を伸ばす」
「調息・・・腹式呼吸、丹田を意識する」
「調心・・・心を静める おだやかに」

手の組み方(法界定印と叉手)や座り方のレクチャーを受けた後
いよいよ自分と向き合い、我を捨てる坐禅の始まりです。
もしかして、坐禅=竹刀のような棒で叩かれると思ってらっしゃいますか?
・・・実は私は、叩かれるのも修行の一種と誤解していました。
「警策けいさく」とは、本来自ら進んでいただくものです。 
坐禅のあと、経行(きんひん)という歩く坐禅で痺れを癒し10分休憩。
もう一回坐禅を行い、最後に【現成公案】の唱和し、解説していただきました。

【現成公案】
仏道をならうというは、自己をならうなり
自己をならうというは、自己をわするるなり
自己をわするるというは、万法に証せらるるなり
万法に証せらるるというは、自己の身心及び他己の身心をして脱落せしむるなり

※ 万法・・・宇宙を支配している真理 
※ ならう・・・究める

私達が取り組んでいる仕事や家事、育児・介護、趣味やボランティアなど
「その道を究めよう」とするならば、まず自分自身をしっかりと知ることが大切。
自己をわするるというのは、『俺が、私が』の我をなくす事、捨てることです。
ここに、坐禅という業(行動)が入ってきます。
思っていたり考えているだけでは、自分自身も周りも何一つ変わりません。
何か行動しなくては真の学びは得られませんし身につかないのです。

参加者の声:順不同
初めての体験、貴重な時間で勉強になった。 参加してよかった。
いい経験ができた。 スッキリした。 我がいっぱいあることに気づかされた。
日常の忙しさから少し解放された。 精神修行できた。
自分のやりたい道に進もうと思えた。 自分を見つめなおす機会だった。
 
皆様の感想を聴きながら、企画してよかった~と思いました。
そして13時からは、お楽しみの輝楽膳です。 美味しかったで~す(^^)
e0227957_0385418.jpg


4月からのスケジュールは、あらためて書き込みますので
宜しくお願い申しあげます。                            
                                           (文責:柏木聖子)
[PR]
by kiraku-jyuku | 2011-03-04 00:34 | Comments(0)